知ればぐっと幅が広がる、便利な波釘のお話♪


こんにちは。

あおましいろです。



お久しぶりにDIYのお話。

みなさま、波釘(なみくぎ)ってご存知ですか?

使い方を覚えるととても便利な波釘

波釘とは

波釘 9×4 商品の写真

こちらが波釘。

名前のとおり、なみなみと波打った形の釘で、主に板と板をつなぐときにつかわれるもの。

波釘のサイズは、足場板という大きなものをつなぐためのものから、あおましいろのようなナンチャッテDIYerがお手軽につかえるサイズのものまでいろいろとあります。

写真の波釘は、釘の長さが9㎜、なみなみしている山の数が4つ、というお品です。

つまり、釘の長さが長くなれば、板に対して深く打つことができますし、山の数が増えれば横に幅広く板をつなぐことができます。

使い方

使い方は、いたってシンプル。

釘なので、金づちで打ち込んで板同士をつなぎます。

使い方のコツ
  • 木材の木口(※)が打ちやすい
    ※木口(こぐち) : 木の切断面、切り口部分のこと
  • 打つときは、両端の左右どちらか一方から少しずつ打ち込む
波釘をつかって板をつなごうとして失敗したところ

写真のように、板の目に逆らって打とうとすると、釘が入りにくいんです。

それでも、打ち方や木の種類、場所によってはちゃんと入るので、つくるものの味として、わざと見えるところに波釘を打つのもかっこよいですよ(喜)。

波釘を木口に打ったけど割れたところ

ちなみにこちらは、ちゃんと木口に打ったのに木が割れてしまったところです(汗)。

こんなこともあるさ~。

写真のようすは、初めて波釘をつかったときのようす。

打ち方もまったくわからなかったので、がむしゃらに釘の真ん中を力任せに打ち付けた結果、割れてしまったのだと思われます。

板をつないだところ

波釘をつかって板をつないだところ 木口が隠れるならダボ接ぎより簡単

ワンバイ材に波釘を打ったところです。

使った波釘のサイズは、12㎜×5山。

打ち方のコツがつかめると、あんなにうまくいかなかったのは何だったのかっていうくらいすんなり打つことができます。

シェルフの棚板は木口が隠れるので、波釘でつないだところ

このときは、奥行280㎜のシェルフをつくっていました。

1×6材(ワンバイシックス材)をつないでいます。

シェルフの棚板のように、木口が隠れるのであれば、ダボをつかったつなぎ方よりも簡単かもしれません。

1×2
19×38㎜
1×3
19×63㎜
1×4
19×89㎜
1×6
19×140㎜
1×8
19×184㎜
1×10
19×235㎜
1×12
19×280㎜

※ツーバイ材:厚みを38㎜として、以下ワンバイ材に同じ

ダボ用ドリルガイドをつかって、ダボ穴をあけるところ
ダボ用ドリルガイドをつかって、ダボ穴をあけるところ
ダボ用ドリルガイドは釘をつかって中心を取るよう
ダボ用ドリルガイドは釘をつかって中心を取るよう
ダボ用マーカーポンチをはめ込んで、他方の板に印をつければできあがるはずが
ダボ用マーカーポンチをはめ込んで、他方の板に印をつければできあがるはずが
印にしたがって穴を開けてみたはずなのに、すでにズレているような・・・気のせいか・・・
印にしたがって穴を開けてみたはずなのに、すでにズレているような・・・気のせいか・・・
見なかったことにして、ダボ接ぎを決行!失敗!
見なかったことにして、ダボ接ぎを決行!失敗!

波釘をつかう前の側板のようす。

ドリルガイドまでつかって実行したものの、見事に失敗。

失敗にがっかりしすぎて、失敗した時の写真が残ってないっていう。

この後、すごすごとダボを抜いて、波釘でつなぎました。

失敗の原因と思われること
  • 板にゆがみがあった可能性
  • ゆがみに気がつかずに、マーカーポンチで印がついたところに穴を開けた結果、板の中心がズレた

これ以降、元気が出なくてダボ接ぎは封印したまま。

当時もいろいろと調べましたが、簡単!っていう紹介と、難しい!っという紹介とふたつに分かれてるんですよねぇ。

多分、集成材のような反りやゆがみのないようなものでやるといいのかもしれません。

波釘の外し方

波釘のいいところは、大きなサイズでなければ、取り外しができるところかもしれません。

目隠し板 板同士は波釘でつないでいる

以前のアパートで、ゴミ箱の目隠しにつかっていた板があります。

目隠し板 9×4の波釘使用

こちらも、ほどよく目隠しできる高さにするため、板を波釘でつないでいました。

使用したのは、一番最初にご紹介した9㎜×4山サイズの波釘です。

資源ごみ分別の目隠しにつかっていた板

目隠しにしていただけなので、サイズは大きくありません。

長さにして、200㎜強。

片方の板の木口をトントンとげんのうや金づちなどでたたくと、

波釘を外してみたところ

こんな風に外れてくれました。

外した波釘はやっぱりゆがみあり。再利用は難しいかも

あとは、残っている波釘をペンチなどで引き抜けば終了です。

抜き方にもよると思いますが、抜いた波釘はやっぱりちょっとゆがみます。

なので、普通の釘のように再利用はちょっと難しいかも。

一度お試しください♪

何かをつくろうと思ったとき、サイズに合わせて新しく材料を整えることも多いと思います。

そんなとき、波釘を思い出してみてください。

板をつなぐことで、サイズの大きい板材を買うよりもコストダウンができることがあります。

あおましいろの家には、出番待ちの廃材がたくさんあるので、あるものをつかってものをつくりたいときに、とっても重宝しています。

引き出し収納 ちょうどいい高さにするために板を波釘でつないでいるようす
引き出し収納 ちょうどいい高さにするために板を波釘でつないでいるようす

こんな風に、木口をつないでいる波釘が見えるのも、嫌いじゃありません☆

また、近々波釘をつかいたいところがあるので、つかった様子をご報告しますね。

ん~、実はちょっと難関あり。

お楽しみに~♪



▼あおましいろのお気に入り道具



最後まで読んでくださってありがとうございます。

よろしければ応援ぽちっとお願いします。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


住まいランキング

下のボタンを押していただくと、各プラットホームにてあおましいろの新着情報を受け取っていただけます。

ゆる楽しいDIY―仕事と子どもとDIY― - にほんブログ村

ご意見・ご感想、ご質問がありましたらお気軽にどうぞ。

あおましいろでした。